信じることがすべて

Love-tuneとSnow Manと

安井くんに初めてユニットができてから1年が経った話。

2016年3月4日。

ジャニーズ銀座の公式ページに「Love-tune」の名が刻まれた日。

安井謙太郎、真田佑馬、森田美勇人、萩谷慧悟

 

私は正直、この瞬間に立ち会えなかった。それは本当に悔しいなとも思うけれど、私をJr.担の世界へ連れていってくれたのは紛れもなくこの4人だった。

 

翌週に放送された少クラで4人が披露したHeavenly PsychoとKiss魂を観て、私はこの人たちについて行きたいと思った。

本当にかっこよくて、キラキラしていて、今まで見たことのない世界を見たような気がした。

 

この4人についた名前が最初に紹介された、少クラ春休みSP。

Love-tuneと紹介されたときに、4人がまだ少しぎこちない表情だと私は感じ取れた。

 

それを受けてかどうかは分からないけれど、各方面がザワザワしているなぁ、と当時の私は思ったり。

 

それから約2ヶ月後のシアタークリエで7人になり、本当に大きなグループになってくれたと私は思う。7人になってからのお話は、また5月に。

 

ジャニーズに入ってから8年とちょっと。

ずっと1人で戦ってきたという安井くん。

1人で勝ち取った仕事も多くある。最近だとホーンテッドキャンパスや三婆。

そんな安井くんにユニットができた。

 

あれから1年。

 

一緒に前を向いて突っ走っていける仲間がいること、楽しいことも辛いことも共有できる仲間がいること。それは本当に大きなことだったんじゃないかな。

 

安井くんにとって、仲間と過ごしたこの1年間はどんな1年だったでしょうか?

 

Love-tuneは7人になったけれど、この日は大切にしたいなと思って。更新させて頂きました♡